トップ

二次会の失敗を防ぐ

失敗しない結婚式二次会幹事とは

二次会は幹事にかかっている

友人が晴れて結婚式を挙げることになったら、学生時代の友人として、その結婚式を素敵な思い出にしてほしいと願うでしょう。挙式は新郎新婦二人の、出会いと新たな生活をスタートさせる門出の節目となる大切な場面です。そして結婚式の二次会は、友人や知人と気さくに語ったりお祝いムードを高めるために、とっておきの時間となります。

ゲストに喜ばれる二次会の景品選びの為の情報サイト。

結婚式が終わって、開放的なムードの中で二次会に参加した人たちが楽しい時間を過ごすことができるかどうかは、幹事の手腕にかかっています。結婚式に参列できなかった人も、二次会に是非出席してお祝いを伝えたいと、楽しみにしていることでしょう。

二次会の幹事の仕事は、新郎新婦がお祝いに駆け付けたゲストたちと、みんなで楽しい時を共有できるように、二次会の場所探しや演出、会全体の流れづくりから小道具の準備に至るまで、様々です。

幹事を友人にお願いしたら、大まかなゲストの人数から場所決めを行う事からスタートします。ここから、二次会の招待状を出すか、ゲストに余興をお願いするか、メインとなるイベントを企画するかなど、二次会当日までに決めなければならない事をリストアップして、着実にこなしていくと、抜けや漏れがなく失敗を防ぐことができます。

二次会全体の規模が分かったところで、細かな流れや準備品の調達をしなければなりませんが、幹事にお願いしたからといって全て丸投げは良くありません。そして幹事も、張り切って一人で全てを行わねばならないわけでもありません。
準備品をそろえて管理する人、会場のセッティングをする人、司会進行をする人など、幹事自身の手が回らないところがあれば、得意な人にお願いをするのも良いでしょう。それぞれの役割分担を決めて、誰がどこまでするかを明らかにしておきましょう。